【調査リリース】介護施設を対象としたアンケートを実施 「外国人介護職員の雇用に係る実態調査」

株式会社廣済堂ビジネスサポート(東京都港区、代表取締役社長:大山 洋介)は、2020年11月に、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、グループホーム、有料老人ホーム等の介護施設を対象とした「外国人介護職員の雇用に係る実態調査」のアンケートを実施し、292件の回答を得ましたので、その結果をお知らせします。


│ ■半数近い介護施設が外国人介護職員の雇用をしている

45%の介護施設が「外国人介護職員を雇用している」という結果になりました。また、採用に至った理由としては、「人手不足解消」が60%と最も多い回答となりました。

 

 

 

│ ■多くの介護施設が、外国人介護職員雇用により「日本人職員の技術向上・業務改善」の効果を感じている

外国人介護職員雇用によって改善された・良い効果が表れている点として、約44%の介護施設が「日本人職員の技術向上・業務改善」につながったと回答しており、外国人人材の真面目さや明るさ、一生懸命に仕事に取り組む姿勢が、日本人職員に良い影響をもたらしているそうです。

 

 

│ ■外国人介護職員の雇用について希望する支援は「日本語能力の向上」

外国人介護職員雇用に関して介護施設が必要としている外部からの支援については、外国人介護職員の「日本語能力向上」に関する回答が最も多いという結果になりました。その他には「介護技術向上」や「住居支援」などの回答が目立ちました。

 


■調査概要
実施期間:2020年11月 10 日(火)~2020年11月25 日(水)
調査対象:東北、北陸、関東、東海地方の特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、グループホーム、有料老人ホーム
有効回答数:292件

 

尚、調査結果の詳細にご興味のある方は、下記問い合わせ先までご連絡ください。

 

【タレントアジア事業に関する問い合わせ先】
株式会社廣済堂ビジネスサポート 人材ソリューション部 海外事業企画室 寺岡
〒105-0004
東京都港区新橋4丁目9番1号新橋プラザビル14階
廣済堂ビジネスサポート 新橋オフィス
03-3438-1185
https://kbs-talentasia.com/
廣済堂ビジネスサポートでは人材派遣・人材紹介をはじめ、外国人人材に特化したタレントアジア事業を展開しています。介護・外食・製造など幅広い分野において、外国人人材の「紹介」「雇用・定着」「育成」をワンストップでサポートしていきます。